物語は、トレーニングセンターのウマ娘たちが、寒さを感じ始める秋の日に始まります。風はひんやりとしており、ウマ娘たちはこれからの季節に備えてコートやスカーフを身につけています。しかし、一人だけが異なる服装をしているのが目立っていました。

トウカイテイオー:(寒そうな表情で)「もう、こんなに寒くなってきたら、ミニスカートは無理だね。」

ゴールドシップ:「トウカイテイオー、本当に寒くなってきたから、もう少し厚着した方がいいよ。」

ダイワスカーレット:「確かに、体調を崩す前に温かい服を選んだ方がいいよ。」

トウカイテイオーは友人たちの忠告を受け止めつつも、ミニスカートが好きで、それを捨てるのはちょっと悩ましいようでした。

サイレントスズカ:「でも、トウカイテイオー、寒さに負けて体調を崩すのは避けたいよね。」

トウカイテイオー:(考え込む)「そうだね、体調を崩すわけにはいかないし…」

ウマ娘たちはトウカイテイオーを心配し、彼女のために温かいコートを用意して手渡します。

トウカイテイオー:(笑顔で受け取りながら)「ありがとう、みんな。寒いから、これからはちゃんと暖かい服を着るよ。」

ウマ娘たちの心温まるサポートに感謝しながら、トウカイテイオーはコートを着て、仲間たちと一緒に秋のトレーニングに取り組みます。彼女はミニスカートというファッションアイテムを捨てることになりましたが、その代わりに体調を崩すことを防ぐため、温かい服装で元気にトレーニングを続けるのでした。

物語は、友情と優しさが温かな秋の日に描かれ、ウマ娘たちは仲間たちの安全と健康を大切にすることを学びます。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4人の購読者に加わりましょう
おすすめの記事