【薬物疑惑】ほぼ実名 薬物疑惑の俳優RとM、ジャニーズY.p

役者兼イラストレーターRと遅咲きの喜劇役者M

[以下引用]

「実際に見た訳ではないけれど、近しい関係者からのリークだとか、のちに実際 に逮捕されたケースも多々ありました。長年言われ続けているのに、なぜか逮捕されない謎の人というのも存在します。コカインで捕まったピエール瀧は兼ねてから噂がありましたし、彼とよくつるんでいた役者兼イタストレーターR や、遅咲きの喜劇役者Mなどはうまいこと逃げ切りましたけどガチだと思って ます。田代さんは反社会勢力といまだに繋がっているので、僕なんかは小心者 ですから彼を番組で起用するなんて怖いことしませんけど、その点NHKはチ ャレンジャーですよね。その天然っぷりには感心してしまいましたよ(笑)」。

[芸能TABLO]

引用元にあるその他条件も含めてまとめると、

・RとMはピエール瀧さんとよくつるんでいた

・ふたりとも薬物関係で度々名前が上がる。いわゆる薬物地雷系

・Rはピエール瀧さんの逮捕後、連日マスコミに追われたストレスで2週間で5キロ痩せた

・Rは多才、役者としてのセンスもある

・共演女優を次々と食ってる

・ほどよいブサイクとサブカル臭がモテる秘訣か

とのこと。

ピエール瀧さんの後によく名前が出て女性セブンが実際直撃したのはリリー・フランキーさんです。

R…リリー・フランキーさんでしょうね。

「リリーフランキー」の画像検索結果

そしてMはムロツヨシさん。

「ムロツヨシ」の画像検索結果

大手事務所所属のアイドルY

[以下引用]

「いますよ。若手、と言っても三十路は超えてますが、大手事務所 に所属するアイドルのY。最近、海外エージェントと契約したとかで、日本で 仕事のない時は、アメリカの西海岸に住んでます。あちらに家を持っているこ とは、あまり知られていないのではないでしょうか。彼は覚醒剤ではなくコカ イン派で、若い頃はヤンチャで六本木界隈で夜な夜な遊び狂ってましたけど、 今は大人になって警戒心が強まったのか悪いことは日本ではせず、アメリカで やっていると自慢しているとか。実は彼に悪いクスリを覚えさせたのは、大手 出版社の編集者であるともっぱらの噂です。芸能界って薬物騒動が多いですけ ど、反社の人間と出会うきっかけってあまりないじゃないですか。意外とです ね、雑誌編集者にはキナ臭い人間が多い。特にグラビア系雑誌やアイドル誌で すね」。

[芸能TABLO]

アイドルY…っていうと山下智久さんですよね。

「山下智久」の画像検索結果

山下さんは海外での仕事が多忙になっており、そんなに遊んでるヒマがあるのかとちょっとにわかには信じられません。

が、このリリー・フランキーさん、ムロツヨシさん、山下智久さん、そしてピエール瀧さんというと思い出されるのがこのツイート。

おすすめの記事