米ティファニー、仏ルイ・ヴィトンへの身売りで買収合意へ

「ティファニー 店舗」の画像検索結果

買収額は160億ドル

「ルイ・ヴィトン」などの高級ブランドで知られる仏モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(LVMH)による米高級宝飾大手ティファニーの買収が、近く合意に達する見通しになった。欧米メディアが24日報じた。買収額は160億ドル(約1兆7400億円)を超えるとみられるという。

「ティファニー 店舗」の画像検索結果

 英紙フィナンシャル・タイムズなどによると、両社の取締役会が24日に最終調整に入った。25日にも正式発表する見通し。160億ドル超とみられる買収額は、LVMHにとって過去最大のM&A(企業合併・買収)になるという。

「ルイ・ヴィトン 店舗」の画像検索結果

老舗ラグジュアリーブランドの変貌

LVMHは、ベルナール・アルノー氏がCEOを務める世界最大のファッションコングロマリットで、約70もの高級ブランドを擁している。今回、ティファニーに提示した買収額は、総額145億ドル(約1兆5800億円)と報じられている。成立すれば同グループにとって過去最大のM&A(企業合併・買収)となる。

「ルイ・ヴィトン 店舗」の画像検索結果

LVMH傘下にはルイ・ヴィトンのほかクリスチャン・ディオール、フェンディ、セリーヌなど、著名ブランドが並ぶ。

LVMHは、ティファニーへの買収提案を10月28日に発表していた。LVMHはヴィトンのほか、仏「ディオール」、伊「フェンディ」など欧州を中心に70を超える高級ブランドを抱える。ダイヤモンドの婚約指輪で有名なティファニーを傘下に加えることで、宝飾部門を強化し、米国市場への足がかりを築くことを狙う。ティファニーの業績は近年伸び悩んでおり、巨大グループの中で立て直しを図るとみられる。(ロンドン=和気真也)

おすすめの記事