【裏情報】元AKBまゆゆ まさかの「衝撃発表」寸前

ここ最近、メディアから消息不明となって業界をざわつかせている1人の元大人気アイドルがいる。それは、AKB48でトップクラスの人気をほこり総選挙1位にも輝いたことのある “まゆゆ” こと渡辺麻友(25)というから驚きだ。

「2017年末にAKBを卒業してからも、女優・タレントとしてそれなりに活躍していた。昨年9月終了のNHK朝ドラ『なつぞら』の好演も光り、今後の女優としての更なる活躍が期待された矢先。昨年10月のバラエティ出演以降、まさに “消えてしまった” 状態」(民放局プロデューサー)

ファンクラブも昨年9月時点で休止し、レギュラー出演していたそのTBSの不定期特番『UTAGE』以降は、一切テレビ出演等していない。SNSなどもツイッターで大晦日と新年の挨拶をしたきり一切更新もされてないようだ。

そして、まさに先月 “もしや引退しているのでは” という情報が飛び交ったというが、その理由はこうだ。

「その『UTAGE』の最新の放送が2月にあったが、なんと初回からメインMC中居正広の隣でアシスタントを務めた渡辺が不在だった。中居からは『今回はお休みで~』位にしか触れられず。そこから一気に “まゆゆが消えた”、“まゆゆって引退したの?” と情報が拡散したようだ」(同前)

あそこまで人気を誇った元スーパートップアイドルで、現在の女優業も好評。事務所も大手で、所属タレントには手厚い対応で有名な優良プロダクション。突然、引退するような要素はまるでないように見えるが、こんな話もある。

「ネット上では、妊娠休養説はまだしも、薬物依存症説などありえないものが多い。しかし実際は、燃え尽き症候群からくる引退なのでは。AKBとして13歳でデビューした彼女も間もなく26歳。人生の半分をアイドルとして女優として走り抜けたが、目標だった朝ドラ出演も果たし、どこかでもうやりきったという感覚だったのでは」(スポーツ紙AKB番記者)

もし本当に引退なら、事実上の芸能活動が止まったとされる昨年の9、10月の段階で何らかの発表がなかったのに疑問が残る。

「現在ヤクルトのCM契約が残っている。年契でそれが今年の3月末までらしい。かといって契約が切れて即引退発表をするのもスポンサーに対して失礼すぎるので、しばらく様子をみて5、6月あたりに『まゆゆ3月で事務所を退所していた』のように報じられるのでは。芸能界では良くある手法」(同前)

このまま引退し芸能界から完全に消えてしまうのか、それともまた新たな環境で活動再開されるのか。渡辺麻友に近々、何かかなり大きな発表があるのは間違いないだろう。(瀬戸ジーニアス)

おすすめの記事