1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2022/05/30(月) 12:50:50.77 ID:CAP_USER
立て子の戯言:実験的にロイター提供の前場値動きを定点観測する試みを行っています。
後場の動きに注目されている方々、及び市況板をヲチして楽しんでいる方々の手助けになれば幸いです。
もちろん中の人も大いに活用して下さいね。お漏らしは程々に。
株式前場値動きとスレタイにつけていますので、スレタイ検索でも活用していただければ幸いです。適宜、>>2辺りにその日の詳細も置いておきます。
5chスレタイ検索 Google検索
https://www.google.com/search?q=5ch+%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%82%BF%E3%82%A4%E6%A4%9C%E7%B4%A2
骨太の方針にて「資産所得倍増プラン」が盛り込まれ、個人投資を増やすと明言されたことが示されました。これを受けて経済再開期待もあり国内投資にポジションを取りやすくなると思われたか、株価は寄り付きから上放れで大台の27000円を越えてさらに加速、500円の上げ幅で前場終了。
先週まで買われていた海運業などを売って幅広く買われる流れです。抵抗線だった25日線や大台ラインを突破したことで上値を追いやすい流れになっています。特に顕著なのがグロース銘柄。マザーズ指数が4%を越える上昇です。
後場も勢いはそのまま、27300円をしっかり維持して再開しています。

[東京 30日 ロイター] –
前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比527円67銭高の2万7309円35銭と、大幅続伸した。先週末の米国株式市場が大幅高となったことを受け、幅広く物色されて上昇。戻りの関門として意識された2万7000円を大きく上回った。

前週末27日に米国株式市場は大幅続伸。インフレ鈍化と底堅い消費支出を示す統計を受け、米連邦準備理事会(FRB)が景気後退を回避しつつ、金融引き締めを進めることが可能という楽観的な見方が広がった。

これを受けて日本株は幅広く買われてスタート。前週末の米株市場では、大型ハイテク株などグロース系銘柄がしっかりだったことを受けて、半導体関連株をはじめ指数寄与度が大きい値がさのハイテク株が物色され、指数を押し上げる格好となっている。

日経平均は500円を超す大幅上昇となり、その結果、上値抵抗線として意識されていた2万7000円を大きく上回った。3回トライしながら突破できなかった大台をクリアしたことで、テクニカル面では底打ち期待を膨らませた。

一方、相場の環境面では中国のロックダウンについて「上海市当局が6月1日から規制解除の方針を示したことが注目され、株式市場の好材料になりそうだ」(野村証券・ストラテジストの澤田麻希氏)との声が聞かれる。

30日はメモリアルデーのため、米国株式市場は休場となる。そのため「月末月初で経済統計が多数明らかになることとともに見送り要因となり、後場に日経平均は伸び悩む可能性がある」(雨宮総研代表の雨宮京子氏)という。ただ、それでも時間外取引で米株先物が堅調に推移しており、安心感を誘ったとの指摘もあった。

TOPIXは1.74%高で午前の取引を終了。東証プライム市場の売買代金は1兆6434億3200万円だった。東証33業種では、サービス業、電気機器、機械など30業種が値上がりとなっている。

個別では、任天堂、キーエンスなど値がさ株が上値追いとなったほか、トヨタ自動車など主力銘柄に堅調なものが目立つ。ソフトバンクグループ<9984.T>が高い。半面、日本郵船は軟調に推移した。

プライム市場の騰落数は、値上がり1644銘柄(89%)に対し、値下がりが155銘柄(8%)、変わらずが37銘柄(2%)だった。

2022年5月30日11:55 午前
ロイター
https://jp.reuters.com/article/tokyo-stx-idJPL4N2XM0MS

引用元: ・【株式前場値動き】前場の日経平均は大幅続伸、米株高受け2万7000円大きく上回る【5/30 株価】 [エリオット★]

2: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2022/05/30(月) 12:51:03.91 ID:CAP_USER
本日の詳細


<10:55> 日経平均は上値追い、テクニカル面が一段と改善

日経平均は上値を追う展開で、一時、前営業日比で500円を超す上昇を記録した。
これまで心理的な節目として意識されていた2万7000円台を大きく上回るなど、テク
ニカル面の一段の改善が示されている。

市場では「2万7000円を突破した格好となったことで、底入れ期待が一段と膨ら
んできた。4月21日の戻り高値2万7580円64銭を更新できるか否かが、次の注目
点になる」(国内証券)との声が聞かれた。

30日の米ニューヨーク株式市場は休場となるものの、時間外取引で米株先物が堅調
に推移しており、それも買い安心感を誘っている。


<10:15> 日経平均は450円超高、米景気減速懸念が後退

日経平均は上げ幅を拡大し、前営業日比450円超高の2万7200円台での推移と
なっている。市場では「米国での過度な景気減速懸念が後退し、下値を切り上げている。
企業業績への不透明感も払拭されつつある」(国内証券)との声が聞かれる。

米商務省が27日発表した4月の個人消費支出(PCE)価格指数は、前年同月比6
.3%上昇。前月比では0.2%上昇と、3月の0.9%上昇から減速し、2020年1
1月以来、最小の伸びにとどまる結果となった。

東証33業種では、サービス業、機械、電気機器、精密機器などの30業種が値上が
り。海運業、保険業、電気・ガス業の3業種は値下がりとなっている。


<09:15> 寄り付きの日経平均は続伸、米株高の流れ引き継ぐ

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比311円14銭高の2万7092
円82銭と続伸した。その後は2万7100円台でのもみあいとなっている。前週末の米
株高の流れを引き継いだ。

TOPIXは同1%高の1905ポイント近辺。東証33業種では、機械、サービス
業、精密機器、電気機器などの28業種が値上がり。海運業、電気・ガス業、保険などが
値下がりとなっている。


<08:20> 寄り前の板状況、ネクソンが買い優勢 ビーエンジは売り優勢

東証プライム市場の寄 り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘
柄群は以下の通り。
https://jp.reuters.com/article/tokyo-stx-idJPL4N2XL0HD

3: 名刺は切らしておりまして 2022/05/30(月) 13:07:40.05 ID:3E//com2
日足週足見るとこれうまくいけば3万円あるで

4: 名刺は切らしておりまして 2022/05/30(月) 13:12:40.56 ID:pgsObiNf
割高アメリカ株はバブル崩壊途中
対して日経225はグローバル企業
なのに割安放置

9: 名刺は切らしておりまして 2022/05/30(月) 13:46:45.08 ID:2Gg6B9/J
>>4
アメリカ株はどんな卑怯な手つかっても上げてくるだろ

11: 名刺は切らしておりまして 2022/05/30(月) 14:17:34.49 ID:x5KysvQV
>>4
米国株は20-30%下がったので底を打った感がある。
後は企業の業績次第だな。

5: 名刺は切らしておりまして 2022/05/30(月) 13:24:24.09 ID:IOvydNdQ
今年はバイインメイだったな

6: 名刺は切らしておりまして 2022/05/30(月) 13:27:42.26 ID:/4zm+yND
俺の日経インバースが血を噴き出している

7: 名刺は切らしておりまして 2022/05/30(月) 13:36:35.67 ID:MNbd3gsO
よっしゃよっしゃ

8: 名刺は切らしておりまして 2022/05/30(月) 13:46:12.59 ID:2Gg6B9/J
アメリカが最期っぺして逃げたのが日経平均株価になったのか

10: 名刺は切らしておりまして 2022/05/30(月) 14:15:25.92 ID:x5KysvQV
28000まで戻れば御の字。
それにしても岸田は何の経済政策も出さない。
こんな無能がトップだと先が思いやられる。

12: 名刺は切らしておりまして 2022/05/30(月) 14:38:04.44 ID:XvCqtp/s
インバウンド戻ってきたら3万円台にすぐなると思うけどな

だって中国人が今ヘイトされずに
安全安心に海外旅行できる国なんてもう日本くらいだし

14: 名刺は切らしておりまして 2022/05/30(月) 14:55:43.96 ID:cxOJRjfl
>>12
岸田がまた金融課税とか言い出して3000円下げるよ

岸田は海外では就任3か月で口だけで100兆円溶かした男と言われている。

13: 名刺は切らしておりまして 2022/05/30(月) 14:43:44.36 ID:P1OolIGh
騙し上げってヤツ

15: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2022/05/30(月) 15:01:35.37 ID:CAP_USER
続報

<14:04> 日経平均600円超高、米株休場「持ち越しリスク少ない」とも

日経平均は後場も徐々に上値を伸ばし、一時600円超高となった。その後も高値水
準でのもみあいとなっている。米株先物や中国株の堅調な推移が、相場を支援している。
きょうは米国市場が休場となる中で、午後は模様眺めが強まりやすいとの見方がある
一方で「普段より持ち越すリスクが少ない」(国内証券)との声も聞かれた。
業種別で前引け時点に比べると、非鉄金属や不動産業、繊維業、輸送用機器などの上
げ幅拡大が目立つ一方、海運業は下げ幅を拡大している。


<12:55> 午後の日経平均は高値もみあい、6月の好需給見越し買い戻しも

後場の日経平均は高値もみあい。前場の高値を上回る場面など、強い基調を保ってい
る。今晩の米国株式市場は休場で「後半は伸び悩む可能性がある」(国内証券)との声が
聞かれるが、今のところそうした雰囲気は感じられない。時間外取引で米株先物が上昇し
ていることも、上げ要因となっている。

市場では「月末で利益確定売りが出やすいが、6月に入るとボーナスシーズンや配当
金の再投資などの期待材料が多い。そのため、好需給を見越して買い戻しが活発化してい
るようだ」(国内証券)との声が聞かれた。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4人の購読者に加わりましょう

おすすめの記事